鮎正宗酒造の自然環境を守る取り組みについて

うまい酒をつくるだけではいけない!

 環境とともに生きる酒造メーカーの思いを実現いたしました。

 当蔵は敷地内に年間を通じて自然に湧きあがる毎時6トンの湧水に恵まれた環境を守り続けていきたいと考え、平成19年秋に最新の排水処理施設を建設いたしました。
 醸造に伴い蔵より排出される米のとぎ水や、器具、タンク洗浄などに関連するすべての排水を浄化して河川に戻しています。

 

 当社では少子高齢化と住民の減少により今後この瑞穂地区には市が下水道施設を造らないことが決定したことを受け、独自にこの施設を建設しました。
 これからも先祖が守ってきた自然環境と恵みを守っていくことが私たちに課せられた使命であると考えています。

 酒の基本となる仕込み水は、出来る限り自然のあるがままのものを使いたいと考え、水質を変化させないよう動力ポンプを井戸に直接入れず湧き出ている自噴の水量で、すべての洗米から仕込まで湧水でまかなっています。
 大量に使う洗米は夜間にタンク内に溜めて使用するようにしています。白い琺瑯のタンクに溜めた水はエメラルド色の神秘的な色をしていて、見学の方々が覗かれて驚かれます。お米も植物もきれいな水が根幹であると思います。

きれいな水の代名詞ともいわれる山葵とミズバショウが敷地内に見られます。 <山葵は自家用で販売はしていません。(^。^) 〜あしからず。>
 これからは蛍も徐々に増やして放す計画です。

こんなにきれいな水を 自然にお返ししています。

 たくさんの微生物が排水を浄化してくれます。最終段には下記の図にある 濾過幕で細菌までも濾過し中水(無色透明で工業水として使える水質)にした上で放流しています。

 

 こうした取り組みにより自然との調和を大事にして安全でおいしいお酒を造り続け皆様にお届けしたいと願っています。